介護職員実務者研修

「介護職員実務者研修」は、高齢化の進展や世帯構造の変化の中で求められる、より質の高い介護サービスを提供するために必要となる実践的な知識や技術の習得を目的としています。
 介護のプロとして必要な介護過程の展開や認知症等について学ぶことができ、スキルアップを図ることができます。
 また、法改正により平成28年度(平成29年1月)の介護福祉士国家試験から、受験資格として、実務経験3年に加えて「介護職員実務者研修」の修了が必須となりました。

本講座の特色

 1.介護福祉士国家試験の実技試験が免除となります。

 2.医療的ケアが学べます。

 3.サービス提供責任者の任用資格が得られます。

 4.教育訓練給付金制度が活用できます。※雇用保険への加入歴があり、要件を満たす方のみ。

※学習時間と受講料については、現在取得されている資格の有無や種類により異なります。

【開講情報

  ※現在募集は行っておりません。ご参考までに過去開講分のご案内等は以下に掲載しております。

★講座について(PDF)は
★10月開講案内(PDF)は
★申込書(PDF)は